コラム

【解決事例】ホストクラブ売掛金整理のご相談

相談前

ショートカットが良く似合う、見た目は、アイドルの様に可愛いらしい女性からのご相談でした。

その相談内容とは、「私は、ホスト通いが止められず、風俗のお仕事を始めました。

風俗のお仕事が順調な時は良いのですが、体調崩して働けなくなり、ホストクラブの売掛金が支払えなくなりました

百万円以上あります。

ホストに運転免許証の写しも取られていて、実家に行くぞとか、債権回収業社を雇うぞとか、散々脅されています。どうか助けていただけませんでしょうか。」と言ったものでした。

ホストクラブの売掛金が支払えず、ご相談に来る女性は多く、キャバクラ嬢か、風俗嬢が圧倒的に多いです。

「なぜホストクラブに通うのですか?」と尋ねてみると、彼女らは、「普段男性に尽くしている。逆に、容姿の良い男性にチヤホヤされるのが気持ちいい。」、「お金を使って、他の女性客に勝つと優越感がある。」と答えます。

また、同世代の女性に比べて稼ぎもいいためか、一晩に数十万円、もしくは、百万円以上もかけてホストクラブに通うことに、何らためらいがありません。とは言うものの、キャバクラや風俗のお仕事は安定していません

保証もなく、体調を崩して働けなくなったり、不景気で客足が激減すれば、すぐにホストクラブの代金を支払えなくなります。

しかし、普段の稼ぎいいためか、いつでも返済できると思い、数十万円から百万円を軽く超える売掛金を作ってしまいます。

とは言うものの生活習慣はそう簡単には変えられません。「分かっていてもホスト通いがやめられないのです。」と皆さん答えます。

相談後

ご依頼を受けた後、早速そのホストクラブに連絡をいたしました。

すでに弁護士を代理人に立てており、当職と弁護士との話し合いになりました。

本件に関していうならば、ホストクラブの飲食代をどう支払うかです。

その飲食代に争いは無く、当職は、その弁護士に対して、分割払いの交渉をいたしました。

結果、何度目かの交渉で話がまとまり、月々無理のない返済金額で話がまとまりました。

ご依頼者も非常に喜んでくれました。

司法書士からのコメント

「ホスト キャバクラ嬢 風俗嬢」とインターネットで検索すると様々な記事が出てきます。

中には、「ビルから飛び降りる。」という悲しい記事もあります。

ホストの売掛金については、親や友人にも話せず一人で思い悩んでいる女性が数多くいることでしょう。

しかしながら、ご依頼をいただければ、大抵は、分割払いの交渉で話がまとまり、無理なく返済が出来るように対応は可能です。

また、架空の請求ならば戦う余地があるわけです。他、破産という手もあります。

一人で思い悩むのでは無く一度ご相談下さい。

解決策が見いだせるかもしれません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP