コラム

【解決事例】副業詐欺(投資用ソフト)

副業に興味を持った依頼者が,インターネットで副業を検索して興味を持ち、セミナーに行ったところ
「この話を聞けるあなたは幸運だ。」
「必ず利益がでる。」
等と投資用のソフトを勧められ、購入してしまった事例です。

今回は,その際の対処法,解決までのお話をいたします。

事例1

その依頼者は以下のとおり話していました。
「私は、副業に興味があり、常日頃色々と検索していました。
ある日突然LINEが送られてきました。

そのLINEには、「100%稼げる・一生お金に困ることのない人生を」と記載があり、YouTubeも見ました。
その後、渋谷でセミナーもあり参加しました。そこでもYouTubeでみたとおりの人がいて、同じようなことを話していました。

具体的には,「100%稼げる。一生お金に困ることのない人生を」等といった言葉です。
セミナーも開いて、YouTubeもあったのですっかり信用してしまい投資用のソフトの購入に私は100万円渡してしまいました。

もちろん契約書などはありません。その後、自分のスマホで投資した〇〇(金融商品名)の値動きを見ることが出来ました。

スマホ上は利益が出ているように見えていました。
出金のお願いをしたところ「しばらく待ってください」「今は出金できません」と言われました。

その後、預けていたお金がマイナスになったと連絡がありました。

偽の弁護士も出てきて10万円の和解書の取り交わしをさせられてしまいました。

今は連絡が付きません。

もう1年以上前の話しなのですが,取り返すことは出来るのでしょうか。

解決に至る経緯

ご依頼者の意向は「何としてもお金を取り戻したい」というものでした。

上記事例において、法的に言うならば、消費者契約法違反、特定商取引法違反の主張が可能であり、返還請求は可能です。

ただ、こちらがいくら正論を唱えても、こういった詐欺まがいの連中がすんなりお金を返してくれるか否は別問題です。

ご依頼者から情報に基づいて書面を送りましたが、宛所訪ねなしで書面が戻ってきました。もちろん電話には出てくれません。

その後、商業登記簿謄本の取得、住民票の取得等で相手の居場所を突き止め再度書面を送りました。

書面郵送後1か月経過しましたが何ら返答がなく、もう乗り込むしかないと思っていたところ、相手方から分割和解の申し出がありました

解説

上記のような副業詐欺(もしくは投資詐欺)の場合は、契約に瑕疵がある場合がほとんどです。

相手もセミナー、YouTube等で安心させ、難しい言葉を並べ,契約させます。
契約書のない場合もあります。解決方法としては、上記のとおり諦めず、根気強く対応することが最善の場合もあります。

このような違法な輩との対応ならばお任せください。

当職は成功例が数多くございます。

ご自身で思い悩まず先ずは当職にご相談ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP