コラム

水商売を辞める際のポイント~退職代行は東池袋の弁護士法人若井綜合法律事務所~

キャバクラや風俗など、現在水商売で働いている方の中には、退職や転職を考える方もいらっしゃるでしょう。退職の際は、ポイントを押さえて辞めることが大切です。退職の意思を伝えてもなかなか辞められないという方は、東池袋の弁護士法人若井綜合法律事務所へご相談ください。退職代行で、ご相談者様の退職をサポートします。

水商売を辞めた後に気づくギャップ

水商売を辞めた後に多くの方が感じるのが、一般の方とのギャップです。特に金銭感覚の違いは多くの方が感じることでしょう。華やかな世界は、金銭面も華やかなことが多く、水商売であれば一般的な会社員よりも良いお給料であるケースが少なくありません。その金銭感覚のままで一般の会社に就職しても、収入と生活水準がかけ離れ、水商売に戻ってしまう方が多い傾向にあるのです。

まずは、金銭面のギャップを認識しておくようにすると良いでしょう。

次のステップを用意しよう

水商売や風俗の世界から抜けて、再び戻ることが無い方は、次のステップをきちんと用意している方です。自分がやってみたい仕事や、結婚・出産など新しいきっかけがあると、しっかりと辞めることができる場合が多いと言えます。水商売や風俗から抜け出したいと考えているのであれば、きちんとした次の目標を設定しておくようにしましょう。

辞められない場合は弁護士による退職代行サービスの利用を

 

水商売や風俗などの場合には、不当に辞められないというケースがあります。個人で退職することが難しい場合には、自分の代わりに退職手続きを進めてくれる退職代行サービスを利用しませんか?

退職代行を行う業者の中でも、弁護士が対応する退職代行サービスを選択するのがポイントです。退職の意思を伝えると金銭を要求してきた、実家や学校へ連絡すると脅されたなど、水商売や風俗は業界的に不当に引き止められることも少なくありません。退職や賃金などでトラブルに発展した場合でも、弁護士であれば法律に沿って適切な対応をとることができます。

東池袋に事務所を構える弁護士法人若井綜合法律事務所は、不当な引き止めにあっている、損害賠償請求の話をされたなど、辞められない方をサポートする退職代行サービスを提供しています。場合によっては即日対応も可能で、事前にご連絡をいただければ曜日や時間帯を問わずご相談いただけます。

各線「池袋駅」から徒歩約8分、有楽町線「東池袋駅」から徒歩約5分のところにあります。東京で退職代行が必要な際は、お気軽にお問い合わせください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP